しっかり噛める歯が欲しい

インプラントで噛める喜びをもう一度

インプラントは、歯を失った部分のあごの骨に直接人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療法です。人工歯根は骨としっかり結合するチタンでできており、健康な歯の8割程度まで噛む力が回復します。また、人工歯は自然な質感・見た目のセラミックでできているため、健康な歯と並んでも遜色のない仕上がりになります。

他の治療との比較

インプラントは入れ歯やブリッジと比べてどう違うのでしょうか? それぞれのメリット・デメリットを比べてみましょう。

  インプラント 入れ歯(保険適用) ブリッジ
比較
メリット 見た目が自然で美しい
違和感ない
硬いものでもしっかり噛める
周囲の歯を傷つけたり、負担をかけたりしない
金属アレルギーの心配がない
簡単な治療で済む
治療費が安く済む
見た目がいい
違和感が少ない
使用する素材によっては、保険が適用される
デメリット 治療費が高い
外科手術が必要になる
全身疾患がある場合や顎の骨の量が少ない場合などは、治療を受けられないケースがある
維持するためには、口腔衛生をきちんと管理し定期検診を受ける必要がある
見た目がよくない
しっかり噛むことができない
違和感がある
バネを使った入れ歯の場合、隣の歯に負担がかかる
手入れをする必要がある
使っているうちに合わなくなってくることがある
両脇の歯を削る必要がある
支えとなる歯に大きな力がかかり、将来的にその歯を失ってしまうことがある

症例紹介

症例紹介

インプラン治療の流れ

初診・カウンセリング
ご記入いただいた初診表をもとにカウンセリングを行います。インプラント治療に関する疑問や不安をしっかりとお聞きします。わからないこと・気になることは遠慮せず何でもおたずねください。できるかぎりわかりやすくご説明します。

次へ

診査
デジタルレントゲンや歯科用CTを使用して口腔内の写真撮影などを行い、お口の状態を詳細に把握します。

次へ

治療計画
診査結果をもとに説明を行い、患者さんと一緒に治療計画を立てます。

次へ

人工歯根の埋入
治療計画に沿って、あごの骨に人工歯根を埋め込む手術を行います。

次へ

治癒期間
あごの骨とインプラントが結合するまで一定期間待ちます。

次へ

土台・人工歯の装着
あごの骨とインプラントが結合したことを確認した後、土台と人工歯を装着します。

次へ

インプラント治療完了
人工歯を被せたら、インプラント治療完了です。

次へ

定期検診
インプラントは虫歯にはなりませんが、ケアを怠ると歯周病に似た病気(インプラント周囲炎)にかかることがあります。治療後も健康な歯と同様にケアを行うとともに定期検診をお受けください。ホームケアとプロケアのダブルケアで、インプラントを長持ちさせましょう。

飯塚市のきっかわ歯科医院では、患者さんのお口の状態やご要望に合わせて治療法をご提案しています。インプラントだけでなく、入れ歯・ブリッジも含めて最良の治療法を一緒に決めていきますので、どの治療が良いか迷われている方もお気軽にご相談ください。

  • ネット予約 24時間受付中
  • TOPへ
  • 医院紹介
  • 治療方針・院長紹介
  • アクセス
  • 診療相談
  • 一般診療
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 歯周病治療
  • 矯正歯科
  • 顎関節症の治療
  • 口腔外科
  • 治療相談フォーム

歯科タウン

歯科衛生士募集中